土地の測量専門家

婦人

土地に関する法律もお任せ

東京のような建物の密集した地域では、土地の境界線があいまいな場所も多数あります。東京の土地に関する権利問題でトラブルが起こった場合には、土地家屋調査士に測量を依頼しましょう。土地に関する情報は、登記簿に記載されていますが、書面上では実際に東京都内のどこからどこまでが自分の土地であるのか、わかりにくいものです。土地家屋調査士に依頼すれば、土地の境界線が明らかになります。唯一、登記簿へ記入できる資格を持った専門家なので、土地家屋調査士の測量結果は信頼できるといえます。万が一、隣接する土地の権利者と主張が異なったとしても、土地家屋調査士の測量結果を示せば問題は解決するでしょう。他にも、土地家屋調査士は、土地を分割する時にも活躍します。東京の土地を分割する際には、測量図面を法務局に提出しなければなりません。この時に測量結果が必要となるので、土地家屋調査士を頼ることになるでしょう。土地家屋調査士の仕事は、測量だけではありません。土地の法律に関する書類を作成することも、重要な業務の一つです。例えば、土地の利用状況が変わる際、登記内容を変更する届け出を法務局に提出しなければなりませんが、この時にも書類の作成を依頼することができます。登記簿の内容手続きは個人でも行うことができますが、専門的な知識を必要とするシーンが多く、大変な労力と時間が掛かります。専門家である土地家屋調査士に依頼した方が、効率的だといえるでしょう。